プロフィール
Author:しらせ(HN)
とあるIT企業のインフラエンジニア
WindowsServer/Linux両方使います。
趣味でソフトウェアやWebアプリを作ってます。
連絡はTwitter(s3os7a)へ。
最新記事

【レポート】Splunk .conf2017に参加しました!

【レポート】JulyTechFesta2017に参加しました!

【名刺】コンビニプリントで簡易なオリジナル名刺作り

【utme!】ユニクロでオリジナルTシャツ

【ニコ生】プレミアム会員解約

Twitter
カテゴリ別
工作(1)
デザイン(1)
カンファレンス(3)
XBオフ(1)
Splatoon(3)
WiiU(1)
マリオカート(10)
インターネット(7)
未分類(1)
[PR]
リンク
xebpsトップ
Blogトップ
来訪
26992 PV
Powered by
ふくさんぶつ Blog
インフラエンジニアしらせのIT遊びブログ。

【ニコ生】プレミアム会員解約
Date:2017/02/12 12:12:56
Category:インターネット

おつかれさまです。
Shirase@xebpsです。

2015年から契約しているドワンゴとのプレミアム契約ですが本日付で解約しました。

理由はたくさんありますが、もういいかなという感じです。

10年近く前から一般会員としても利用していますが、さすがに今の時代に合わない質と運営スタイルは誰にも受け入れられないのではないでしょうか。。。

「ニコ動」有料会員が初の減少──ネット大手各社に変調

解約手順

1.アカウントページから「支払方法の変更」をクリックします。


2.「プレミアム会員を解約する」をクリックします。


3.いろいろとアンケートを選択して「次へ」。



4.さらにアンケートは続いて「次へ」。


5.ここでやっと解約に関する手続きへ進めます。「解約手続きへ」をクリックします。



6.解約引き止めの最後の抵抗。。。
これがプレミアム会員としての利点だとしたら引き止め効果は無いですね。


7.問題が無ければ「解約」をクリックします。


8.解約の手続きは以上で終了です。


9.「戻る」をクリックすると、月額契約が何もなくなっている状態になりました。



解約については、別途メールでも連絡が来ますので見ておきましょう。
youtube,twitch,openrecなど、ほかにも配信サイトはたくさんあります。

ニコニコ動画にまた魅力が出たら登録しましょうかね。

以上、おつでした。





IDCFクラウド連携サービスMackerelを試す
Date:2016/09/11 02:39:08
Category:インターネット

お疲れ様です。
Shirase@xebpsです。

今日は、Webサーバの監視について記事を書こうと思います。


私が管理しているWebサーバはすべてIDCFクラウドで稼働しているお話(ココ)を以前しましたが、IDCFクラウドの連携サービスの1つとしてシステム監視サービス「Mackerel」が利用可能なのです。
※IDCFクラウドユーザーであればFreeプラン+台数無制限です。

昔、自宅のPCでWebサーバを動かしていた時はTwitterのAPIを駆使して監視してたりもしましがた、クラウドに寄せたことでいろいろと便利になりましたw

そんな連携サービスMackerelをちょっとだけ触ってみようかなと思います。

・・・

じめに、IDCFクラウドのコンパネにログインします。
見慣れた画面の最下部に連携サービスがあります。
その中の一番左にMackerelがあります。



リックしてみると、サインアップ画面に飛びます。
アカウントとして、現在ログインしているIDCFクラウドの資格情報でOAuthが利用できる模様です。




インアップで利用するメールアドレスを確認したら、利用規約にチェックを入れて次へ進みます。



こでは、オーガニゼーション名を入力して、最下部にある「IDCフロンティア用オーガニゼーションにする」にチェックを入れておきます。
よくわかりませんが、これにチェックを入れるとお得のようですw



いてプランの選択なのですが、、、
IDCF利用でいいんだよなぁ。。。どうやって選択するのか。。。
どうやら最初は「Trial」しか選べないみたいで、オレンジ枠をクリックすれば良いみたいですw



上で連携は終わりです。
あとは、サーバ側にエージェントを入れたり監視対象グループの設定をすればすぐに利用できます。
一例として、サーバへのエージェントのインストールを紹介します。

Mackerelトップの左メニューから「Hosts」を選択して右パネルから「エージェントをインストール」をクリックします。



規ホストの登録画面が表示されます。
主に、Amazon用、rpm用、Windows向けのインストーラなどがあります。
今回はCentOS用としてrpmを利用しました。



ージェントのインストールは3つのコマンドを叩くだけです。
Teratermであれば画面上半分で終わる内容です。
 1.rpmのダウンロードとインストール
 2.エージェントのapiキー設定
 3.init.dに設定(OS起動時に自動起動するように)
  こんな感じ → mackerel-agent 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off


・・・

そんなこんなでMackerelに戻ってみると、確かにサーバを認識しています。
データストアサーバ(***ds)のCPUが吹いているのが分かりました(汗
最近レスポンスが悪いのはこれか・・・※時計表示すみません。




まとめ

・CPU/MEM/Disk/NWの基本的な監視については優秀。
・メールでアラート通知ができるので外出先でもあんしん
・デーモン(サービス)の監視ができないっぽい?

システムリソースの監視という意味では大変便利ですが、ポート監視やサービス監視もできると嬉しいなぁと思いました。(私の調査不足で実はできてるのかも??)


以上、お疲れさまでした。





【詐欺サイト】Chromeユーザー調査サイトを撲滅させる
Date:2016/09/04 04:02:41
Category:インターネット

お疲れ様です。
Shirase@xebpsです。

Google Chromeブラウザでネットを利用していると、以下のようなページにリダイレクトされることがあります。



『『Chrome:ユーザー調査』』

一見すると、chromeのマークもあるしGoogleがやってる調査かな?と勘違いしそうです。

しかしこちらは、詐欺サイトらしいです。
ページを進むと個人情報をいろいろと求められた挙句、アドウェアをインストールされるとか。

最近頻繁に表示されてウザイなぁと思っていろいろと対策もしていました。
(対策方法は色々ありますが、私個人としてはローカルファイアウォールにこのURLのIPアドレスをぶち込んだり、hostsファイルにぶち込んだり^^;)



しかし
そんな対策もむなしく、この詐欺サイトはサブドメインを量産して私の対策をくぐりぬけて表示させてきました。

さすがに頭に来たのでレジストラと登録サイトに通報しました。


やったこと
1.ドメインの調査
2.DNSサーバの調査
3.通報


まずドメインの調査ですが、digで引っ張ってきます。
対象は以下の2つです。(アクセスしないようにw)
survey.7113659.com
296zz.exclusiverewards.7113762.com
;; QUESTION SECTION:
;296zz.exclusiverewards.7113762.com. IN A

;; ANSWER SECTION:
296zz.exclusiverewards.7113762.com. 300 IN A 107.191.49.28
296zz.exclusiverewards.7113762.com. 300 IN A 45.32.5.19
296zz.exclusiverewards.7113762.com. 300 IN A 45.32.196.205

;; QUESTION SECTION:
;survey.7113659.com. IN A

;; ANSWER SECTION:
survey.7113659.com. 300 IN A 45.33.124.7
survey.7113659.com. 300 IN A 104.238.132.209
survey.7113659.com. 300 IN A 45.33.100.77

DNSラウンドロビンで複数のIPアドレスへアクセスさせています。
レンジも異なるので、毎回ブロックするIPアドレスを変えなければいけないので厄介です。


続いてDNSサーバの調査ですが
;; QUESTION SECTION:
;7113659.com. IN A

;; AUTHORITY SECTION:
7113659.com. 3600 IN SOA ns3.domainmanager.com. admin.domainmanager.com. 2016082556 10800 3600 604800 3600

;; QUESTION SECTION:
;7113762.com. IN A

;; AUTHORITY SECTION:
7113762.com. 3600 IN SOA ns3.domainmanager.com. admin.domainmanager.com. 2016090352 10800 3600 604800 3600

DNSサーバは、両ドメインともdomainmanager.comというドメインのサーバに乗っかっているようです。
ふむ。
ブラウザでアクセスしてみると、やはりドメイン管理を代行するサイトのようですね。


レジストラ確認のため、ふーいずで見てみると『UNIREGISTRAR CORP』というところがレジストラのようです。




迷惑極まりないので、サイトとレジストラへ通報します。
宛先に代行サイトとCcにジレストラをぶち込みます。
拙い英語でメールを書いて  送信っと。。。



(^o^;;;)

おそらくこのサイトはフリアドからのメールは全拒否しているんでしょうね

レジストラのアビューズからは自動返信が来ました。
はやく対応してくれって感じです。

進捗あったらまた報告します。

皆さんはこのサイトを見かけたらそっ閉じでOKです。

いじょう。
おつかれさまでした。




次ページ 前ページ

[PR]